水素情報

水素の持つ効果ってすごい!心筋梗塞時の水素の働き

更新日:

心筋梗塞は三大生活習慣病の一つで、日本では、年間で4万人以上の人が心筋梗塞で死亡していることが分かっています。この心筋梗塞の予防改善に水素が効果的であるということが最近分かってきました。そこで、水素のもつ心筋梗塞に対する効果について紹介します。
心筋梗塞

心筋梗塞とは何か?

心筋梗塞は成人病の一疾患であり、近年の食生活の変化などで日本での患者数は増加傾向にあります。心筋梗塞は働き盛りの人の突然死でも注目されている疾患でもあります。心筋梗塞は心臓の病気で、心臓麻痺や心臓発作といった名前でも呼ばれる恐ろしい病気です。心臓は24時間365日、私たちが亡くなるまでずっと休まずに動きながら、身体中に血液を送っています。

心臓は1日に約10万回も収縮と弛緩を繰り返しながら、全身に血液を送り出すポンプの役割をしています。この収縮拡張を繰り返す心臓の筋肉が心筋です。そして、酸素や栄養をたくさん含む血液を全身に送り込んでいるのが、心臓のまわりを取り囲んでいる冠動脈という血管になります。

心筋梗塞がなぜ恐ろしいのか?

恐怖
冠動脈が動脈硬化などによって狭くなってくると、心筋に送り込まれる血液不足で胸が痛くなります。これが狭心症と呼ばれる症状です。さらに動脈硬化が進行したり、何らかの原因で血管内に血栓ができると、冠動脈が完全に詰まってしまいます。このような状態になって、心筋に血液が流れなくなってしまった状態は心筋梗塞と呼ばれます。

冠動脈が閉塞されてしまうと40分くらいで心筋の壊死が始まります。心臓の細胞が壊死すると、体中に血液を送ることができなくなって、命の危険が生じるのです。

心筋梗塞のメカニズムとは?

心臓の血管が詰まると20分くらいで心臓の心筋細胞が壊死していきます。心臓の筋肉は、一度壊死してしまうと元に戻ることはできません。すぐに救急車などが呼べて応急処置を行うことができると、詰まった場所に再び血液を流す処置が可能になります。急性心筋梗塞の処置ではできるだけ心臓の筋肉を壊死させない方法がとられます。

しかし、血液が再び流れ始める時に大量の活性酸素が生まれます。この時発生した大量の活性酸素は弱っている心臓をさらに弱らせ、心筋にダメージを与えます。人間のメカニズムとして、心臓の筋肉が壊死しないように詰まった血管に大量の血液が流れます。

しかし、この詰まった血管に血流が流れると同時に、活性酸素まで体内で大量に発生してしまいます。発生した活性酸素は血管の内部の壁を傷つけたり、心臓を攻撃するため、免疫システムが働いて血小板が集まってきます。その結果、血小板が血管内の詰まりを発生させることになります。そうするとさらに活性酸素が発生してしまうという悪循環になるのです。

また、強く長いストレスがかかる場合には活性酸素が発生するといわれています。その際いっしょに作られた活性酸素は血圧や血糖値を上げたり、血栓を作りやすくするという影響を及ぼします。

水素が心筋梗塞に及ぼす効果とは?

効果
水素はこの世界の中で一番小さく、数も最も多いといわれている原子です。このような水素には心筋梗塞時に発生した活性酸素を無毒化させるという重要な抗酸化力をもっているのです。水素は、体内に入るとあっという間に身体中に広がります。水素分子はとても小さいため、体中に拡散することができるのです。

血液が流れていない場所にも届くことができるのです。そのため、心臓に再び血が流れた時に発生する活性酸素によってもたらされる害を、水素は効果的に取り除くことができるということが分かったのです。このような水素のもつ、活性酸素から心臓を守る役割は、発見当時とても大きな衝撃を与えました。

水素を活用することで心筋梗塞治療に大きな効果をもたらしてくれることが分かって以来、循環器内科分野などで救急時の臨床実験などを通して、心筋梗塞の急性期治療の可能性を広げるともいえる臨床研究が行われているのです。

心筋梗塞は水素が効果的!

効果的
心臓はポンプの役割を果たしており、収縮と弛緩を繰り返しながら私たちの体の隅々の細胞まで栄養分と酸素を運んでいます。ところが、心臓の血管に血栓などができると血管が詰まり、心臓は虚血状態になります。そうなると、必要な栄養や酸素が運ばれなくなってしまい、心臓の細胞が壊死してしまいます。

心臓の筋肉は、一度壊死してしまうと元に戻ることはできないため、急性心筋梗塞の処置ではできるだけ心臓の筋肉を壊死させない方法がとられます。しかし、血液が再び流れ始める時に大量の活性酸素が生まれ、この時発生した大量の活性酸素は弱っている心臓をさらに弱らせます。そんな時に水素はとても重要な働きをすることが分かってきました。

水素には心筋梗塞時に発生した活性酸素を無毒化させるという重要な抗酸化力があるのです。水素は体内に入るとあっという間に身体中に広がり、心臓に再び血が流れた時に発生する活性酸素を無毒化します。このような水素の、活性酸素から心臓を守る役割について、現在、循環器内科分野などの急性期治療において臨床研究が行われているところです。

-水素情報
-,

Copyright© 美容・健康で話題の水素吸入器が沖縄に上陸! , 2021 AllRights Reserved.